• 多様な製品ラインアップがありますので、お客様のご要望に応じて様々な構成を組むことができます
  • 獣医師がおひとりの動物病院様から、多様なモダリティ、複数の診察室を持つ大規模な動物病院様まで対応できます

基本構成

基本構成
画像をクリックすると拡大します
  • フラットパネル検出器とコンソールPCの組み合わせの基本的な構成です
  • DICOMによりOsirix等のViewerやPACS装置に画像出力が可能です
  • コンソールPCにはVetView Consoleソフトウェアが搭載されます
  • 同じPCを使って歯科用センサーを接続する事も可能です

スレーブモニター構成

スレーブモニター構成
画像をクリックすると拡大します
  • ひとりで複数個所から画像診断、操作をしたい場合の構成です
  • コンソールPCとは別にスレーブモニター、マウス、キーボードを設置します
  • PC本体が1台で済むため比較的低価格で実現できます
  • スレーブモニターにはコンソールPCと同じ内容が表示されます
  • スレーブモニターは最大2台まで設置可能です

Viewer構成

Viewer構成
画像をクリックすると拡大します
  • 複数人で複数個所から画像診断、操作をしたい場合の構成です
  • コンソールPCとは別にViewerを設置します
  • コンソールPC、各Viewerは独立に診察、操作することができます
  • 扱う画像は基本的にレイエンス社DR画像に限られます

PACS Viewer構成

PACS Viewer構成
画像をクリックすると拡大します
  • DR以外のモダリティも含めてViewer上で画像診断、操作を行いたい場合の構成です
  • Prism Viewerを使用することにより超音波、CT等様々なモダリティの画像を一括して扱うことができます

PACS Server構成

PACS Server構成
画像をクリックすると拡大します
  • DR以外のモダリティも含めて一括した画像管理を行いたい場合の構成です
  • Prism Serverを設置することにより、超音波、CT等様々なモダリティの画像を一括して保存・管理することができます
  • Prism Viewer上では様々なモダリティの画像を一括して画像診断、操作を行うことができます